演奏会情報(第4回) of マロニエ交響楽団

印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |


栃木県宇都宮市を中心に活動するオーケストラ、マロニエ交響楽団公式ウェブサイト

HOME > 演奏会情報(第4回)

マロニエ交響楽団では第4回演奏会を以下の通り開催します。「こんな楽団他にはなかった!」そう思っていただけるよう日々練習に励んでおります。まずは、足を運んでみてください。

過去の演奏会はこちら。

マロニエ交響楽団 第4回定期演奏会

チラシ表.jpg

◆ ベートーヴェン/交響曲第8番 ヘ長調 作品93
◆ シベリウス/ヴァイオリン協奏曲 ニ短調 作品47
◆ ベルリオーズ/幻想交響曲 作品14

未就学児のご入場はご遠慮願います。
チケット取扱店は以下となります。
- 那須野が原ハーモニーホール
- 宇都宮市文化会館プレイガイド
- 栃木県総合文化センタープレイガイド
- チケットぴあ 福田屋ショッピングプラザ宇都宮3F
- チケットぴあ FKDショッピングモール宇都宮2F インターパーク店





DaisukeSoga2015326.jpg 桐朋学園大学、ウィーン音楽大学等で、B.ハイティンク、G.シノーポリ、I.ムーシン、U.ラーヨビッチ、小澤征爾、田中雅彦、I.ケプテア、森正の諸氏に学び、1989年ルーマニア国立音楽院在学中にルーマニアでデビュー。
 1993年ブザンソン国際指揮者コンクール第1位、1998年第4回キリル・コンドラシン国際指揮者コンクール第1位。以降日本はもとより、ルーマニア、イタリア、フランス、スイス、オランダ、ドイツ、ポーランド、スペイン、デンマーク、チェコ、スロヴァキア、スロヴェニア、マケドニア、ブルガリア、中国、アメリカ、ブラジルなど世界各地のオーケストラに客演を重ね、2015年6月にはベルリン・フィルハーモニーホールにおけるベルリン交響楽団ベートーヴェン「第九」公演を指揮するなど活躍を続けている。
 特にルーマニアではジョルジュ・エネスコ・フィル、ルーマニア国立放送響、ブラショフ・フィル、ブラショフ・オペラなどに定期的に客演、2013年にはブラショフ・フィルハーモニーホール落成記念コンサート及びシーズン開幕コンサート、ブラショフ・オペラのシーズン開幕公演の指揮者を務めた。ブラショフ・フィルとは2017年11月に日本公演が予定されている。
 これまでにルーマニア国立放送交響楽団首席客演指揮者(2002年-2003年)、大阪シンフォニカー交響楽団音楽監督(2001年4月-2004年3月)、ブラジル・ロンドリーナ音楽祭首席指揮者(2006年-2013年)などを歴任し、現在東京ニューシティ管弦楽団正指揮者(2014年4月-)。各地音楽祭出演や、講習会の講師、コンクールの審査員、また近年は作曲家としても活躍し、その作品は日本をはじめ、イタリア、ルーマニア、アメリカ、ブラジル等で演奏されている。
 音楽之友社から『《第九》虎の巻 歌う人・弾く人・聴く人のためのガイドブック』 を、技術評論社から「聴きたい曲が見つかる!クラシック入門~毎日が満たされるシーン別名曲(CD付)」を出版。『歌う人のための《第九》合唱譜』(音楽之友社)では豊富な演奏経験を生かして監修を務めた。
 デルタ・クラシックスより、東京ニューシティ管弦楽団とのCDがリリース中。
 ルーマニア・ブラショフ市とブラジル・ロンドリーナ市より、同地での長年の活動に対し名誉市民の称号が贈られている。 

 オフィシャルホームページ  LinkIconhttp://www.soga.jp/



長原幸太(C)飯島隆2011-01..jpg 東京藝術大学付属音楽高等学校、同大学を経てジュリアード音楽院に留学。1998年日本音楽コンクールに最年少優勝したほか、早くから国内外のコンクールに入賞、サイトウ・キネン・オーケストラに最年少参加。12歳でデビューして以来、国内の主要オーケストラ、名指揮者と共演。2012年に6年に亘って務めた大阪フィル首席コンサートマスターを辞し、ソリスト、室内楽奏者、オーケストラのゲストコンサートマスターとして活躍。11年に第21 回新日鉄音楽賞フレッシュアーティスト賞を受賞。13年に開催したリサイタルのライヴCDがリリースされている(ソナーレ)。2014年10月読売日本交響楽団のコンサートマスターに就任